上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(引き続き去年の5月のお話です。)

NHKの取材のお仕事は前半がキャンベラのオーストラリア国立大学のブライアン シュミット教授のインタビューで後半は560Km離れたクーナバラブランの天文台での取材撮影でした。

クーナバラブランはニューサウスウェルぅ州の北西部の内陸の小さな町で、その近くにはサイディイング スプリングという天文台があり、そこにはオーストラリアで一番大きな天体望遠鏡(反射鏡の直径3,9メートル)があるのです。

世界中から多くの天文学者たちがこぞってやって来ては天体観測にいそしむのです。なぜならここでは北半球では観測できない南半球の天体が観測できるからです。

私たちも天体観測者達が使う宿泊施設を利用させて頂きました。
敷地内には合計9つの天体望遠鏡があります。観測者は昼間寝て夜活動するという生活をしています。
ですから施設内では昼間でも寝ている人の邪魔にならないように静かにしなければならないし、敷地内では夜は光が観測の邪魔になるので、車のヘッドライトを付けないでゆっくりと移動しなければなりません。

クーナバラブラン サイディング スプリング天文台
BS04.jpg

オーストラリア国内最大の天体望遠鏡「アングロ オーストラリア」
反射鏡の直径は3,9メートル。反射鏡はアメリカ製、望遠鏡の機械は日本製(三菱)
BS03.jpg
撮影用に、特別に昼間にドームを開けて動かしたりしてもらいました。(普通はしません。)
BS11.jpg

外見はこんな感じです。大きい!
BS09.jpg

上の階から外を見るとこんな景色が広がっています。トレッキングコースもたくさんあるそうです。
BS10.jpg

今回は私の興味あるテーマについての取材でたくさん勉強になったし、
普通では経験できないことをたくさん体験できた最高に楽しいお仕事でした!

おまけに。。。

夕方になると、野生のカンガルーが天文台の敷地内でたくさん見えます。
これにはNHKの撮影スタッフさん達も大喜びで写真を撮っていました。
大変ご苦労さまでした!
BS12.jpg


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kitouraustralia.blog.fc2.com/tb.php/50-2f4ee7de
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。