FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この数年オーストラリアは雨が多く地域によっては洪水が発生したりしていましたが、以前は干ばつで雨がほとんど降らず、ブルーマウンテンズも夏は山火事(ブッシュファイアー)の季節となり、煙で遠くの山もかすんで見えたり、煙で息苦しかったり、トレッキングコースがクローズになったりということがよくありました。
そんな時はブルーマウンテンズに数ある滝も水が枯れてほとんど落水しなくなっていたりします。

しかし近年は、雨量が多いので川にはごうごうと水が流れ、滝を落ちる水の量もかなり多くなっていて迫力のある風景を見ることができます。シドニーの水がめであるヤラガンバ ダムも一時は30%を切っていたこともあったのですが今年は14年ぶりに100%を超え、ネピアン川に放水しました。


ブルーマウンテンズ国立公園は地形的にたくさんの滝があるのが、私がブルーマウンテンズのトレッキングツアーでご案内するコースはブルーマウンテンズで最大の滝「ウェントワース フォール周辺スで、大小さまざまな滝が見られるコースです。

初めにクイーンビクトリア ルックアウトからジャミソンバレーの景色を見たあとしばらく歩くと、エンプレス フォールを見下ろし、下っていくと滝壺に到達しますがここではよくアブセイリングをしています。その後もシルビアフォールなどの複数の滝が続き、途中から断崖絶壁の中腹を歩くコースになっていきます。真上には崖の岩肌が、下には谷の景色が遠くまで見渡せ、しばらく歩くとウェントワース フォールが正面にあらわれてくるという変化に富んだ素晴らしいコースです。

滝

今年の初めにこのウェントワースフォールの滝壺で泳いだり水遊びがしたいというシドニーに滞在している元気な4人の女の子たちをトレッキングツアーにご案内した時の写真です。

霧のスリーススターズと4人の女子学生

滝壺で遊ぶ女子学生2

マイナスイオンもたっぷりでとっても癒されました。

滝壺で遊ぶ女子学生


ウェントワースフォールはとても大きく、何段にも分かれていて空撮でもしないと全体が分かりません。

ウェントワースフォール1
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kitouraustralia.blog.fc2.com/tb.php/17-5d275de1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。