上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の遠征は到着日に土砂降りの雨に会い、厳しいコンディションの中での釣りでしたが、終わってみると大変楽しかったです。

なんと言ってもこの島です
南の海にぽっかりと浮かぶ島。釣りをしていた4泊5日日間、この島に泊ったんです。

よく、ヤシの木が一本だけ立っている小さな島のイラストがありますが、まさにそんな感じなんです。
こんな島がホントにあるのか。。と思いました。。同行の皆さんもとっても気に入っていました。

08.jpg

別の日に別の角度で見た同じ島。
03.jpg

その島にはこんなロッジが。
02.jpg

お花も植えてあります。
09.jpg

夜のお食事は近くで獲ってきた泥ガニ(マッドクラブ)やカキ。
10.jpg

炊事場ではいつも数人のスタッフが楽しそうにおしゃべりをしながら働いています。
11.jpg

そしてなんと この島には「蚊」がいない!
実は今回私も含めて皆さん防蚊対策を万全にしようと、マラリアの薬を飲んできた方もいるし、蚊取り線香や蚊除けのスプレーなどをたくさん持ってきていたのですが、ほとんど使いませんでした。
釣りをしているときに河口などにはサンドフライがいて刺されたりもしましたが、大したことはありません。
うれしい誤算でした。

さらに 蒸し暑くない!
猛暑の日本から来た3人は口をそろえて「日本の方が断然暑い!」と言っていました。熱帯のうだるような蒸し暑さを予測していたのでこれも予想外でした。

なので夜はこんなハンモックでも寝れちゃうんです。
ロッジにはきちんとしたベッドもあるのですが最後の晩は思い出にこのハンモックで寝ました。木の間から見える満天の星空を見たり、すぐそばに打ち寄せるさざ波の音を聞いたりしながらハンモックに揺られて寝ました。
04.jpg

そしてこの建物。何でしょう?
05.jpg

竹でできた桟橋を歩いて行くと
06.jpg

トイレです! 世界一眺めのいいトイレ。。。かな?と思ったら座る向きが逆。設計ミスです。窓の方に便座を向けると脚が壁につっかえるので逆にしたそうです。おしい!!来年来るまでには直しておくそうです。
07.jpg

ああ、やっぱり来年もまた来たい!!!

「パプアニューギニア ニューブリテン島にパプアンバスを追う」終了。
スポンサーサイト
最終日

この日の私の同船者は初日に9キロを釣ったH氏。

船の組み合わせはじゃんけんで決めました。毎回違う組み合わせになるように順番にして、それぞれ船首と船尾を交代したりして釣りをします。私は有利な船首は同船者に譲りずっと船尾で釣りをしました。船首にいる方が新しいポイントに先にキャスティングできるというメリットがありますが、船尾にいると疲れた時にこっそりとトローリングしたりできるので私は船尾が好きです。

H氏に船首を譲り、私は船尾に陣取りました。船尾には冷たい飲み物が入った大きなクーラーボックスがありますが、何か様子が変?です。周りにいっぱい4~5cmくらいの小さな魚がピョンピョン飛び跳ねています。
 船長のジョンさんがニヤッと笑ってふたを開けるとそこにはベイトフィッシュがぎっしりと。僕らを乗せる前に網で獲ったそうです。釣りに使うのかと思って聞いてみたらあとで食べるんですと。そうですか、でも周りにはいっぱいあふれ出たベイトフィッシュが。。既に干からびたものにはハエがいっぱい寄ってきています。この日だけは船尾はあまり居心地のいい場所ではありませんでした。。。

 さて、釣り開始。
 最終日となりましたが、私も彼もともに9キロというまあまあな魚を釣っているのですが別艇の二人はまだ5キロクラスどまりです。この釣りでは同じ川を2艇のボートが交互に登っていくのですが、一つのポイントでは釣りをするともう一つの船はその先のポイントに行き、同じポイントでは釣りをしません。
 そこで私は船長のジョンさんに「僕らよりももう一つの船の二人に大物がいそうなポイントを優先してあげて欲しい。」と頼見ました。そして「僕らはブラックよりもスポットテールを釣りたい。」と希望を伝えました。

私が最終日までスポットテールを一本も釣っていなかったのと、同船のH氏はこの地域にしか生息しないスポットテールを釣りたいがためにニューブリテン島を選び、この日はスポットテールのサイズアップを図りということで、私たち二人の目標は一致していたのです。

 するとジョンさんは「スポットテールはこの辺の河口にはいない。」と言って本流の上流域を目指してボートを走らせ始めました。河口には大型のブラックが多く生息し、川を上って行くとブラックよりスポットテールの方の割合が多くなるそうです。そういう訳で、この日初めて2艇のボートは全く別の場所で釣りをすることになりました。

川を遡って行くと、目の前に異常な光景が。。。ものすごい数のベイトフィッシュが遡上しそれを様々な魚が追って、水面をバシャバシャと激しい捕食活動をしていました。

クーラーボックスに入っていたのはこれだったんだ!!!。。。

ベイトフィッシュのナブラ打ちで入れ食い状態に!!

ジョンさんも興奮して、「あそこにルアーを投げろ、小さめのミノーがいい!」と私たちに指示します。

でも、小さめのミノーなんて持っていませんでした。。。ルアーボックスの中は、大物を釣りつもりで大きなルアーばっかり。まさかこんな状況に遭遇するなんて思ってもみなかったので小さいルアーはすべて家に置いてきてしまった。

一番小さなミノーは、バラマンディー用のボマーやB52など。「シルバーがいい」とジョンさんが言うのでバラマンディーではあまり使わない(バラはゴールドが好き?)シルバーのボマーを投げ始め、H氏にも同様のルアーを貸してあげました。

初めのうちはボートが近すぎて、アタリがあっても合わせられないし、バイトがあっても一瞬で根に潜られてしまい、どうすることもできませんでした。

しかし、船首のH氏は私が貸してあげたミノーで7キロクラスのパプアンブラックを見事釣りあげたました。しかし、ネットから出すときに魚が暴れてジョンさんが川に落として写真を撮る前に逃げられてしまいました!うう残念。。。

私が貸していたミノーも魚と一緒に行ってしまったのでH氏は得意のソフトルアーを投げ始めました。これが大当たり。立て続けにバイトがあり、うまく釣りあげていきます。

私もソフトルアー変えて投げるが、ワームなどのソフトルアーは不得意でなかなか釣れません。

そこで昨日まで実績があった
デプスノキックバッカーというルアーを投げると来ました。スポットテールバス!写真の指が残念ですが初めてスポットテールが釣れてめちゃめちゃ嬉しかったです。

A07.jpg

魚たちは食い気に走っていて活性が高いので、ルアーは何でも良さそうです。

もう一度シルバーのボマーに変えてキャストすると面白いように魚が釣れました。

ベイトフィッシュは徐々に遡上していきます。それを追いかけて魚も上流へ。私たちもそれに続いて少しづつ移動していきます。


ブラックも釣れました。
A11.jpg

H氏はターポンも釣りました。
A08.jpg

どんどん釣れます。
A12.jpg


A14.jpg

この釣り方で二人ともそれぞれ十数本の魚を釣りました。最後の方は数も数えず写真も撮らずにリリース。
前日までの4日間、とても厳しい釣りをしてきたのでとても幸せでした。

別艇は5キロクラスの魚が何本か上がったようですが目標となる魚には残念ながら出会えなかったようです。

「とってもいい所だし、また来年も来るか。。。」参加者から自然にそんな声が聞こえてきました。

私も是非また来たいです。この南洋のパラダイスに!
釣行第4日目。。。


この日は我々の中でとても印象の良かった2日目に行った川に戻りました。

特に河口のⅤゾーンは大物の気配あり。。。

初めに来たのは同船のS氏。物凄い引きに大物仕様の大和のリール「RYOUGA」の10キロのドラグが出されて止まらない。根に潜られてあえなくフックオフ。。。
おそらく20キロクラスの魚に違いありません。釣りあげていたら今回最大級!逃がした魚は大きい。。。残念!!!

悔しさの余韻がまだ残る中、今度は私方に魚が来た!私のタックルはマーレイコッドやバラマンディーに使っているものをそのまま持ってきているのでラインキャパもリールのパワーも他の皆さんの大物仕様に比べたら半分くらい。20キロクラスがかかったらぶち切られる覚悟で今回の釣行に臨みました。

ルアーを追ってきた魚はボートと岸の中間点ぐらいでルアーを食ったようで、必死に岸側の根に潜ろうとしているところを指ドラグで必死に抑えて反転させボートに寄せるも物凄い引きです。ボートの下に何度も潜り必死の抵抗を見せます。

B13.jpg

船長のクリスさんにネットインしてもらって、握手!!
B14.jpg

パプアン ブラックバス 20lb(9kg)です!!!
B15.jpg

おそらく私のタックルではこのサイズくらいが限界かもしれないです。

その後、s氏に来た魚はこれ! 船長さんやガイドさん達が大喜び。とても美味しいらしいです。「サンキューSさん!」と私が9キロ釣った時よりも皆さんはしゃいでいました。
A01.jpg

その後S氏は着々とスポットテールバスを釣り上げていきます。
A02.jpg


A03.jpg



ブラックバスも釣りました。
S氏は今回なぜかずーっとスポットテールバスばっかりでこれが今回初めてのブラックちゃんだそうです。
01.jpg


実は私は4日目終了時点でまだ、スポットテールを1本も釣っていませんでした。
スポットテールバスはこの地域にしか生息しないそうなので今回是非釣ってみたい魚です。
明日の最終日に釣れるかな。。。。

島へ帰る途中にナブラ発見! H氏がGTを釣り上げました。
A04.jpg

最後に忘れてはならないのは、この日K氏にヒットした魚は、本人いわく「イルカでも掛ったんじゃないかという勢いでした。」というくらい大物だったようです。ラインを一気に出されてあえなくラインブレイク。ドラグが全く効かないので親指で抑えたけれど無駄な抵抗で、親指に水膨れができていました。おそらく20キロをはるかに超えるモンスターだったようです。。。。

最終日へと続く。。。
オーストラリアに関係なく、しかもかなりマニアックな釣りのお話が続いております。ご容赦ください。

釣行3日目。。。

2日目に続いて、かなりタイトにキャストし続けても魚の反応がなかなか無い大変厳しい釣りが続きます。。。。

一度私のルアーに大きな魚のチェイスがあって興奮しましたが、川の濁り、天候など今回の釣行の中ですべてにおいて最悪のコンディションだった日のような気がします。

それでも何とか小型ですが、パプアンブラックバスを釣りました。
B07.jpg

同船のH氏も
B09.jpg

キャステイングに疲れて後ろでこっそりとトローリングをしていると。。。釣れたのはかわいらしいマングローブジャック。
B08.jpg

この日の別艇のデータはありません。悪しからず。

続く。。。


週末は何かと忙しくブログをお休みさせて頂きました。悪しからずご了承ください。

さて、2日目からのお話。。。

到着日の豪雨の影響でどこの川も上流からの濁った水の影響でかなり厳しい様子です。

そんな中でも私と同船のK氏は順調に釣っていきます。
B01.jpg

B02.jpg

B03.jpg

うらやましい限りです。私は1本も釣れません。3回ぐらいバイトがありましたが活性が悪く食いが浅いのかフックオフばかりです。一度はボートのそばまで魚を寄せたのにルアーがすっぽ抜けて飛んできました(涙)。

移動途中の川岸の部落で母子発見。そうだ子供にお土産のキャンディーをあげよう。持ち歩くのが重いから袋ごと全部あげちゃえト7シドニーのスーパーで買ったキャンディーのお徳用袋をそのまま渡しました。
B04.jpg
とっても喜んでくれた様子です。

B05.jpg
船の上から「キャンディー有難う!!」と叫びながら手を振ってくれました。

B06.jpg
そのおかげか奇麗な虹が見えました。結局私はこの日はゼロ。。。

別艇のお二人は、S氏は何とか雨の中スポットテールを釣りあげ、
B10.jpg

こんな立派なマングローブジャックも!!
B12.jpg

H氏はGTを釣りました。
B11.jpg

続く。
「私のブログは文章が多すぎる」という指摘をある方から頂きましたのでパプアンバスの記事は写真を中心にしてアップしております。

いざ出陣!

前日の雨を気にしながら川へ出てみると うっ濁っている!!

雨さえ降らなければ最高の釣りができると聞いていたので気分はちょっとブルーな感じです。ともかく2人づつ2隻のボートに分かれて移動開始。
BI05.jpg

濁りが薄い場所を探して。。。
BI03.jpg

途中には地元民の集落が点在
BI04.jpg

普通、水が奇麗だとポッパーなどのサーフィスルアーが有効らしいのですが、ポイントに到着して船長さんが一言「ディープ ダイバー」。ところが私はポッパーを投げ倒すつもりで来ていたのでディープダイバーは持っていませんでした。仕方がないのでシャローミノーを選択。ただ巻きでは魚が食わないような気がしてトゥイッチしながらジャーク。「これってバラマンディー釣りと同じだ。。。これでいいのかな???」と思いながら続けていると、魚の感触が!!でも小さい。初めに釣りあげたのは30cmくらいのアーチャーフィッシュ(鉄砲魚)。これはダーウィンなどでよく見かける魚なのですぐにリリース。ブログ用に写真とっておけば良かったと今の時点でちょっと後悔です。

 同じ釣り方で次に来たのはコッド。美味しいらしいです。ダーウィンでも似たような魚が釣れます。
BI06.jpg

 子の釣り方で魚が食うんだと確信を深めてしばらく、やっと初パプアンバスがフッキング!!!これがパプアンブラックバス。実はこの魚の後ろにもっと大きな魚が数匹追って来ていてその魚が気になって、この魚を釣った気がしなかった。でも小さいけど初めて釣った魚なのでうれしかったです。
BI07.jpg

 そしてこの日、きつい濁りにも関わらず見事9キロのパプアンブラックバスを釣りあげたのはH氏。初っ端からいきなりやってくれました。
BI02.jpg

 厳しい釣りの一日が終わり宿泊予定の島へ。これが今回のベースキャンプとなる島です。まさに南洋にぽっかりと浮かぶパラダイスです。島についてはまた後ほどご紹介します。
PNGisland.jpg


シャワーを浴び、翌日に向けてのタックルの準備をしながらビールを飲み、その日一日の釣りの話をしながら食事、ビール、ワイン。。。このルーティーンが最高に楽しい。
BI10.jpg
(夕日が沈む中、島のスタッフがボートを移動している。)

続く。。。


パプアンバスのお話が続いております。もうしばらくお付き合いください。

いざニューブリテン島へ!

翌早朝、無事日本からの皆さんと合流した私を含めた4人一行はポートモレスビー国際空港から徒歩で国内線乗り場に移動しました。

PNGDomePlane.jpg

なんと10数人の老若男女の日本人のグループが一緒でした。何しに行くのか不思議に思って話しかけると
「(スキューバー)ダイビングです。」とのこと。ニューブリテン島は世界でも有数のダイビングのメッカでもあるしうです。ちょうどお盆休みですしね。

ニューブリテン島が見えてきました。
PNGNBIsland.jpg

眼下には奇麗な海とサンゴ礁。なるほどダイビングしたら素晴らしい眺めなんでしょうね。
PNGOcean.jpg

ホスキンスの空港に到着です。えっ?これが空港の建物??
PNGHoskinsAirport.jpg

近所に住む人たちが野次馬で集まっています。
PNGHoskinsAPTPeople.jpg

バスの運転手たち、地元の人はとっても陽気で、いつも口の中に赤いものを噛んでいるので口の中が真っ赤です。
PNGNBILocals.jpg

ロッジについてさっそく現地コーディネーターと翌日からの予定を打ち合わせ
PNGLiamoArrival.jpg

この後ロッジで休憩ですが、一日中土砂降りの雨。。。雨が降ると川が濁って釣れなくなると聞いているので少し不安。。。さてどうなるか。。。
PNGLiamoFlower.jpg

ポートモレスビー観光
私は翌日の早朝にパプアニューギニアの首都ポートモレスビー国際空港に到着する日本からのグループを迎えるために一足先にシドニーからポートモレスビーに向けて出発しました。

PNGAir.jpg


シドニーからポートモレスビーまでの直行便の飛行機には「ココダ70周年」のロゴとココダトレイルの絵。
ココダトレイルというのは第2次世界大戦中にニューギニア北部から山越えでポートモレスビー陥落を狙った日本軍とそれを迎え撃つオーストラリア軍との激戦があったところです。私も今回の向けて本や資料をを読んだりオーストラリア国営放送がまとめたドキュメンタリー映画などを見て勉強しました。ここでは長くなるので割愛しますが、ご興味のある方はぐぐったりして調べてみてください。
 最近では密林のジャングルの山道を戦争当時を偲びながら歩くココダトレイルウォークをするためにオーストラリアや日本から重いリュックを背負ってやって来ます。行きも帰りもそれをしに行く(来た)オーストラリア人に何人も出会いました。

 ポートモレスビー国際空港に到着しました。
PNGPOMairport.jpg


せっかくなので観光でもしようとレンタカーを予約していました。狭いロビーのレンタカーのカウンターに行くと担当のおじさんに「本当に一人で(現地の案内人なしで)大丈夫なのか?」と本気で心配されました。地図に行ってはいけない場所とか市内の生き方などを書いてもらい空港を後にしました。
ちなみに車はトヨタカローラでしたが「本当にレンタカー?」と思うくらいぼろでしたが、(あとで思えば)この方が目立たなくて安全で良かったと思います。

道は悪く、標識もあまりないので何度か道に迷いながらもとりあえず市内近くのエラビーチへ。

PNGEllaBeach.jpg

風が強く天気が良くなかったのでこんな感じでした。小雨も降ってきたので車に戻り、、さて、どこ行こっか?

事前にし食べた情報では観光するところはほとんど無いとのこと。。。(本当にそうだった。)
「土曜日なので国会議事堂、博物館などは開いていないか、人が少ないから行ってはいけない」とレンタカー屋のおじさんに言われていました。

高台へ行けば景色がいいかも。。。

PNGPOMCity.jpg
お天気が良ければもっときれいたと思います。

PNGPOMCity02.jpg
高台の高級住宅街はほとんどが外国人のお金持ちエリアで頑丈な塀と門で仕切られています。ゲートには必ず2人くらいのガードマンがいて部外者を寄せ付けません。一般市民という現地の貧しい人ははゴミだらけの部落というかスラム街のようなところに住んでいるような印象。その様なところにも車で行ってみましたがちょっと写真を撮る余裕はありませんでした。

市街地ではオンボロの車やタクシーがたくさん走っていましたがたまに新しい車を見かけるとこのあり様。。。
PNGPOMCar.jpg

聞いてはいたけどかなり治安が悪そう。。。
「君子、危うきには近寄らず」早めに食事してホテルに帰って寝ようと、エラビーチのレストランへ。
この街は観光よりも天然ガスや鉱物資源で潤っているとのことで観光客よりも、ビジネスマン風の人が多く、そういう人が一人で食事している姿もレストランの中にちらほらと。ですから私も一人でも浮かずに済みました。
PNGPOMDinner.jpg

続く

怪魚ハンター ウヤマ カズヒロ氏

今回パプア ニューギニアにパプアンバス釣りに行くきっかけは私が5年前に私の案内でバラマンデー、サラトガ、マーレイコッドとオーストラリア3大淡水魚を1度の訪豪で釣るためにやってきたH氏からの「パプアンバスを釣りたいという」メールでした。しかし私はオーストラリアの専門家であって、パプアニューギニアは専門外なのでパプアンバスの情報を良く知っている方が現地の手配などしてくれました。

それはカズさんことウヤマカズヒロ氏。フィッシングアパレル「ONEBITE ONEFISHE」のブランドの代表で釣り雑誌やブログに「世界怪魚釣行記」という記事を書いている人で、世界中さまざまな怪魚を釣り歩いている人です。2006年末にマーレイコッドを釣りに来てから、友情を深め合い、ずーっと連絡を取り合っていて私が東京の実家に帰ると東京湾でシーバス釣りに連れて行ってもらったりしています。その時ちょうどシドニー在住の釣りの知り合いからも「パプアンバスを釣るにはどうしたらいいか」と聞かれていたのでカズさんに相談したことがありました。カズさんはパプアニューギニアやインドネシアなどの釣り場も自分で開拓してきて現地の情報にとっても詳しいのです。

KazzMCblog.jpg
(私の案内でマーレイコッドを釣ったカズさん)

余談になりますが大事なことなので付け加えておきますが、昨年カズさんは東北の震災の後にチャリティーTEEを作って義捐金を集めて寄付しました。とっても義理と人情に厚く、見た目に反して(笑)とっても真面目で誠実な人です。私も感動して友人知人、お客さんに協力してもらい20枚くらいTEEシャツを買わせて頂きました。「ONEFORALL ALLFORONE」というロゴなどデザインがカッコよく、大変好評でした。

計画段階ではロッジのダブルブッキングで日程が変更、それにより人数がそろわないなどの紆余曲折がありましたが、今年のゴールデンウィークにダーウィンの釣りにご案内した常連のK氏をその場で誘ったりしてなんとか実現しました。

今回パプアニューギニアのニューブリテン島に行ったのは冒頭のH氏、釣りの常連さんのK氏、カズさんのお友達でパプアンバス4回目のベテランのS氏と私の4人です。
(続く)


皆様、ご無沙汰しております。

マーレイコッドフィッシングについてずっと記事を書いておりましたが、途中にツールドフランスやロンドンオリンピックがあり、ブログを中断した状態になっておりました。

マーレイコッドの話の続きや、その次にはバラマンディーとサラトガのお話を書こうと思っていたんですが先週からパプアニューギニアに行ってパプアンバスを釣って来ましたのでそのお話をさせて頂きます。

パプアニューギニア ニューブリテン島でパプアンバスを追う!


まずは写真から。今回私が釣った最大魚、パプアンブラックバス 20ポンド(9kg)

Kurobass20lb.jpg


そしてパプアニューギニアでもニューブリテン島付近など一部にしか生息しないと言われているスポットテイルバス

PNGSpotstailKuro.jpg

どちらも物凄い引きでした!特に9キロのパプアンブラックバスは半端ではなかったです。20キロ以上の魚も釣れるそうですが、私のタックルではおそらく上がらないでしょう。

詳細は次回へ。
2012.08.10 お詫び
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

オリンピック観戦が忙しすぎてブログの更新を全く怠っております。大変申し訳ありません。

更に明日から釣りの遠征で1週間ほど留守になります。(閉会式が見れません。。。)

戻りましたらご報告させて頂きますので何卒よろしくお願い申し上げます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。