上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Nさんご家族は4年前にシドニーにご旅行された時にハンターバレーワイナリーのグルメツアーにご参加頂きました。しかし、その時は私が釣りのツアーで不在だったので同業者のアキさんにNさんご家族の案内をお願いしました。アキさんも在豪歴の長い、ベテランガイドでワインにもとても詳しいので大変ツアーを気に入って頂区ことができました。

そして今回、到着日にシドニー空港からそのままブルーマウンテンズ観光、2日あけてハンターバレーワイナリー
ツアーにご参加頂きました。

空港でお迎えしてそのままブルーマウンテンズへ出発。オリンピックパーク見学の後は野生のカンガルーの見える国立公園へ。

nrt04.jpg

シドニー空港に到着したときはお天気はあまり良くなくて少し肌寒いくらいだったのですが、ブルーマウンテンに着くことにはご覧のように青空も見えるようになりました。


nrt03.jpg

フレンチの3コースランチに



nrt01.jpg

nrt02.jpg

山火事の後もちょっと立ち込んで見に行ってみました。
nrt05.jpg
スポンサーサイト
この数年オーストラリアは雨が多く地域によっては洪水が発生したりしていましたが、以前は干ばつで雨がほとんど降らず、ブルーマウンテンズも夏は山火事(ブッシュファイアー)の季節となり、煙で遠くの山もかすんで見えたり、煙で息苦しかったり、トレッキングコースがクローズになったりということがよくありました。
そんな時はブルーマウンテンズに数ある滝も水が枯れてほとんど落水しなくなっていたりします。

しかし近年は、雨量が多いので川にはごうごうと水が流れ、滝を落ちる水の量もかなり多くなっていて迫力のある風景を見ることができます。シドニーの水がめであるヤラガンバ ダムも一時は30%を切っていたこともあったのですが今年は14年ぶりに100%を超え、ネピアン川に放水しました。


ブルーマウンテンズ国立公園は地形的にたくさんの滝があるのが、私がブルーマウンテンズのトレッキングツアーでご案内するコースはブルーマウンテンズで最大の滝「ウェントワース フォール周辺スで、大小さまざまな滝が見られるコースです。

初めにクイーンビクトリア ルックアウトからジャミソンバレーの景色を見たあとしばらく歩くと、エンプレス フォールを見下ろし、下っていくと滝壺に到達しますがここではよくアブセイリングをしています。その後もシルビアフォールなどの複数の滝が続き、途中から断崖絶壁の中腹を歩くコースになっていきます。真上には崖の岩肌が、下には谷の景色が遠くまで見渡せ、しばらく歩くとウェントワース フォールが正面にあらわれてくるという変化に富んだ素晴らしいコースです。

滝

今年の初めにこのウェントワースフォールの滝壺で泳いだり水遊びがしたいというシドニーに滞在している元気な4人の女の子たちをトレッキングツアーにご案内した時の写真です。

霧のスリーススターズと4人の女子学生

滝壺で遊ぶ女子学生2

マイナスイオンもたっぷりでとっても癒されました。

滝壺で遊ぶ女子学生


ウェントワースフォールはとても大きく、何段にも分かれていて空撮でもしないと全体が分かりません。

ウェントワースフォール1
ここ数年夏でも雨が多く、ブルーマンテンズでもこんな幻想的な景色もよく見られます。


霧のスリーシスターズ
霧のスリーシスターズ

キングステーブルランドから見た雲海
ジャミソンバレーの雲海
オーストラリア最高峰コジオスコ(コジウスコ)山トレッキングツアーに参加されたお客さんは多くの場合シドニー郊外のブルーマウンテンズのトレッキングツアーにも参加されます。


世界中からたくさんの観光客が訪れるシドニー。ある統計ではシドニーを初めて訪れる観光客の90数パーセント(つまり、ほとんど!)が訪れるのがブルーマウンテンズです。
ブルーマウンテンズ国立公園は2000年の11月に世界遺産に指定されてから更に人気が高まったようです。

スリーシスターズ


一番有名なのはスリーシスターズ。カトゥンバの町にあるエコーポイントの展望台からの三人姉妹の奇岩、スリーシスターズと雄大なユーカリの森のジャミソンバレーを見下ろします。
そしてブルーマウンテンズ名物のトロッコとロープウェイに乗って。。。観光バスのツアーだとあとはお昼を食べて町に帰ってお土産やさんに連れて行かれるというコースが日本人観光客には一般的です。

またあまり知られていないのかもしれませんがブルーマウンテンズ国立公園には全体で長短様々300の以上のトレッキングコースがあります。短いものは20~30分で往復できるコースもあるし、長いのはキャンプをしながら2泊、3泊して歩くコースもあります。

キングス テーブルランド


私の日帰りのトレッキングツアーでは往復3~4時間くらいかけて谷底まで降りて登ってくる変化に富んだ素晴らしいコースをご用意してますし、ご希望の方にはそれ以上のコースに挑戦して頂くこともできます。

ウインドエローディッドケーブ


たくさん歩くのはどうも苦手という方にも4WDで未舗装の道を走ってその先をちょこっと歩くとだれもいない貸し切り状態の場所からものすごい景色を見ることもできます。
(4WDで行くブルーマウンテンズツアーグルメランチと見どころ満載コース)、

これは実際に見ないと感動が分からない「神秘の土ボタルのコース」秘境に入っていく楽しさがあります。

さあ、皆さんも世界遺産のブルーマウンテンズに行ってみませんか?

ライアーバード
見ようと思ってもなかなか見れないライアーバード(コトドリ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。